イタリアで生まれたウォッチブランド「D1 MILANO」と、アメリカを代表するカメラメーカー「KODAK」がLIMITED EDITIONを発表|D1 MILANO(ディーワンミラノ)

イタリアで生まれたウォッチブランド「D1 MILANO」と、アメリカを代表するカメラメーカー「KODAK」がLIMITED EDITIONを発表|D1 MILANO(ディーワンミラノ)

2020年10月23日[金]

イタリアで生まれたウォッチブランド「D1 MILANO」と、アメリカを代表するカメラメーカー「KODAK」がLIMITED EDITIONを発表|D1 MILANO(ディーワンミラノ)

イタリア・ミラノ発のプレミアムファッションウォッチブランド「D1 MILANO(ディーワンミラノ)」は、世界で初めてロールやカラーフィルム、そしてデジタルカメラを誕生させたアメリカ・ニューヨークのカメラメーカー「KODAK(コダック)」とのコラボレーションを発表。時計とカメラのコラボレーションを実現した2つの共通点は、『瞬間を捉える』事、そして物語を語る事で時間を表現する事からはじまった。

今回発売されるコラボウォッチ「KODACHROME Analog Watch Limited Edition(コダクローム アナログ ウォッチ リミテッド エディション)」は1935年に、米国イーストマン・コダック社によって作られた最初のカラーリバーサルフィルムからインスパイアされ、ヴィンテージかつ、クラシカルなカメラと、カメラフィルムがデザインの根源になっている。

赤と黄色の文字盤と対照的な黒いボディはコダックのブランドアイコンでもあるトレードカラーを採用。遊び心を表現しながら、ディーワンミラノの人気シリーズ、ポリカーボンのボディをベースに2つのDNAが見事に調和され、より美しいデザインに仕上げられた。ブラックのPVD仕上げを施した金属ベゼルにポリカーボネート素材の直径40.5mmケース、デイト(日付)部分には、コダックのカメラレンズの特徴であるスコープレンズを採用した。

最も注目したいのは、カメラレンズを表現するために、細部まで細かく仕上げた文字盤デザイン、フィルムロゴが刻印された裏蓋には、シリアルナンバーが入り、コダックカメラをこよなく愛する愛好家にはたまらない逸品となっている。更に、ボックスには、過去のフィルムキャニスターからインスパイアされた、フィルムケースのアルミシリンダーを時計のBOXに採用。そして、コダックのフィルムカメラが同時にセットされたスペシャルパッケージとなっている。2020年9月24日(木)より発売開始。