ダニエルウェリントン バンド 交換方法 バンドの選び方

Jewelry Connection > Watch > Daniel Wellington > ダニエルウェリントン バンド 交換方法

ダニエルウェリントン(Daniel Wellington) バンド付け替え方法

How to change Daniel Wellington strap
  • Leather to leather
  • Leather to Nylon
  • Nylon to leather
  • Nylon to Nylon
  • STEP.1 工具、時計、替えのバンドを用意

    ダニエルウェリントンをご購入された際に付属されている、”バネ棒外し”と、腕時計、付け替えたいベルトをご用意してください。

  • STEP.2 時計とバンドを外す

    付属の”バネ棒外し”等を使用し、時計のケースサイドにある穴にバネ棒外しを差し込み、時計本体とベルトを外します。

  • STEP.3 ベルトからバネ棒を外す

    ベルトからバネ棒を抜き出してください。

  • STEP.4 付け替えたいベルトにバネ棒を入れる

    外したバネ棒を付け替えたいレザーバンドにセットします。

  • STEP.5 時計にベルトをセット

    バネ棒を取り付けたベルトを、時計にセットします。バネ棒は凸の部分が引っ込むため、片方を時計の穴に押し当て、もう片方を指で抑えながらセットします。

  • 動画で見る

    一連の流れを動画にてご紹介いたします。

  • STEP.1 工具、時計、替えのバンドを用意

    ダニエルウェリントンをご購入された際に付属されている、”バネ棒外し”と、腕時計、付け替えたいナイロンベルト(ストラップ)をご用意してください。

  • STEP.2 時計とバンドを外す

    付属の”バネ棒外し”等を使用し、時計のケースサイドにある穴にバネ棒外しを差し込み、時計本体とベルトを外します。

  • STEP.3 ベルトからバネ棒を外す

    ベルトからバネ棒を抜き出してください。

  • STEP.4 バネ棒を時計にセット

    外したバネ棒を時計にはめ込みます。バネ棒は凸の部分が引っ込むため、片方を時計の穴に押し当て、もう片方を指で抑えながらセットします。

  • STEP.5 ナイロンベルトの準備

    ナイロンベルトの長い部分とDカンを外向きに引っ張り、二股になるように外します。

  • STEP.6 時計にベルトをセット

    ナイロンバンド(ストラップ)の長い部分を、時計にセットした二つのバネ棒と時計の間に通し、Dカン(Dバックル)に再びセット。

  • 動画で見る

    一連の流れを動画にてご紹介いたします。

  • STEP.1 工具、時計、替えのバンドを用意

    ダニエルウェリントンをご購入された際に付属されている、”バネ棒外し”と、腕時計、付け替えたいナイロンベルト(ストラップ)をご用意してください。

  • STEP.2 時計とバンドを外す

    時計本体とナイロンベルトのDカン(Dバックル)を持ち、広げるようにベルトをDカンから外します。その後、時計本体とナイロンバンドのベルトループ付近を持ち、ベルトを上方向に引き抜きます。

  • STEP.3 バネ棒を時計から外す

    ダニエルウェリントンをご購入された際に付属する”バネ棒外し”等を使用し、バネ棒を外します。時計のケースサイドにある穴にバネ棒外しを差し込み、バネ棒の凸部分を凹ませてバネ棒を穴から外します。

  • STEP.4 バネ棒をベルトにセット

    外したバネ棒をベルトにはめ込みます。

  • STEP.5 時計にベルトをセット

    バネ棒を取り付けたベルトを、時計にセットします。バネ棒は凸の部分が引っ込むため、片方を時計の穴に押し当て、もう片方を指で抑えながらセットします。

  • 動画で見る

    一連の流れを動画にてご紹介いたします。

  • STEP.1 時計と替えのバンドを用意

    腕時計と付け替えたいナイロンベルト(ストラップ)をご用意してください。

  • STEP.2 時計とバンドを外す

    時計本体とナイロンベルトのDカン(Dバックル)を持ち、広げるようにベルトをDカンから外します。その後、時計本体とナイロンバンドのベルトループ付近を持ち、ベルトを上方向に引き抜きます。

  • STEP.3 ナイロンベルトの準備

    ナイロンベルトの長い部分とDカンを外向きに引っ張り、二股になるように外します。

  • STEP.4 時計にベルトをセット

    ナイロンバンド(ストラップ)の長い部分を、時計にセットした二つのバネ棒と時計の間に通し、Dカン(Dバックル)に再びセット。

  • 動画で見る

    一連の流れを動画にてご紹介いたします。